読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんにはなれません。

30代,もう若者じゃないけどおばさんにもなりきれない人が日々考えていること

タイトルの由来

当方32歳独身女性。

おばさんというのは何歳から始まるんだろう。

30歳?35歳?

厚生労働省によれば,34歳までは若者らしい。

マイナビの記事によれば,30歳説と35歳説が有力らしい。

20代後半と答えてるアホども(失礼)は置いておくとして,まあ大体30代になったら「おばさん」というものを意識せざるを得ないようだ。

 

ところで私は,自分の中におばさんというアイデンティティがまるでないので,そんな風潮に大変困惑している。

確かに,二十歳前後の子としゃべることがあると「あ,全然違う」と思う。肌とか,発言の幼さとか(まあ人によるけど)。

特に彼らの恋バナの屈託のなさが眩しいったらない。

素直に惚れたはれたを語り,衝動だけで行動したりしなかったりし,30歳までに結婚して子供を産むんだろうな,ということをなんの疑いもてらいもなく信じている。

 

それと比べて自分はどうだ。

20代で散々男に痛い目にあわされ,アホな既婚者にハマり,その反動でフェミニズムに走って結婚観と男性感をこじらせて,2回転半ぐらいして現在,

二次元と宝塚の男役とLDHがあればいいと割と本気で思っている,何とも一般的かつ健全なアラサー独身女性である。

ちなみに自分の遺伝子とかいらないので,子どもも欲しくないし。

彼氏はいるが,惚れたはれたとかじゃなくて,なんていうかライフラインとかインフラとしての彼氏なので,大好き♡とか結婚したい♡とかいうピュアーな乙女心(出典:セーラームーン)から一緒にいるのではない(相手がどうかは知らない)。

 

閑話休題

とにかく,今の自分が20代前半のテンションとは違うことはよく理解しているんだけど,

そのことイコール「おばさん」になった,ということは受け入れがたいのである。

しかも自らおばさんを自称するならまだしも,他人をある年齢で勝手に区切って

「もう○○歳だからすっかりおばさんだねwww」

とか言ってくる失礼な輩にはケツバットを食らわせてやりたい。

あと,私より年下だったり,年上でも美人の人が「ババア」を自称してるのを見聞きしてもつらくなる。

(でも,もちろん自称する自由はあると思うし,それ自体をとやかく言うつもりはない。自己防衛的に自称してる人もいるだろうし,本当に自分のアイデンティティを自覚して自称している人もいるだろう)

 

あれだよ,二十歳になったからって「大人」になるわけじゃないのと同様,三十路になったからって判を押したように「おばさん」にはならないよ。

「おじさん」ももちろん然りだよ。

これは多分,私が「おばさん」というカテゴリーにネガティブなイメージを抱いているから,そこに入れられると不快だ,ということよりは,

人を年齢や性別で雑にカテゴライズしないで頂きたい。

ということなのかなと思う。

何歳になっても私は私であり,女であることを楽しんだり受け入れたり捨てたりするのは自分のタイミングで決めたい。

 

長くなってしまったが,ブログタイトルの由来はそんなわけで「おばさんにはなれません。」にしてみた。

今のところはおばさんになる予定もないし,なりたいわけでもない。

そんな感じの立場から,日々考えたことをメモっていきたいと思う。

でもそのうちおばさんになるかもしれない。その時にはまたタイトルを考えよう。